友だち追加

-生活音トラブル- 良いお部屋を見つけるには。

da0ea26a46c83f1e90b09e31cfa71ca0_s

新しく賃貸物件を借りようと思ってる人へ、皆さまのお部屋探しを手助けになればと思います。

先日ニュースを見ていたら、生活音トラブルが原因の事件がやっていました。


そもそも

マンション内アパート内の騒音・生活音とは何??
これには音が二種類あると言います。

まず一つ目が建物内から、構造内部からの音。
空調音や排水時に起きる音、エレベーターなどの大型機械の振動音

もう一つが、隣人からの話し声や音楽など生活音など。

では、どのお部屋がいいの?

物件構造上で遮音性・防音性は違ってくる事はみなさまご存じかと思います。
一般的な建物構造は木造・軽量鉄骨・鉄筋コンクリートRC・SRC造です。

遮音性・防音性が高いのは
鉄筋コンクリートとなります。

一番低いのは
木造となります。

しかし、このことは一定基準の話であって
施工の程度や周辺環境、住人の生活スタイル、
受け手の容認度合で大きく変わります。

実際現場で多くのお部屋を見てきましたが
木造だからダメ、うるさい、鉄筋コンクリート造のお部屋が一番だね!
ということは無いです。
マンション下見をしていて、ここ結構音がするなって思う事もあります。

誰もがうるさい環境にお金を払ってまで暮らしたくないと思いますので
ここで、アドバイスとなればと思います。

物件選びをする際、お部屋だけの綺麗さだけで選ばない。
外観・共有スペースなどで、なんとなく住人を知る事も出来ます。
集合ポストが広告などで散らかってないか
駐輪場の自転車の置き方など
ゴミ置き場はどうなっているか、回収できないゴミが放置されてないか
共有スペースなどに、私物など置いてないか(マンション内廊下部分等、エレベーターホールなど)

もう一つ重要なのが近隣環境、道路など。
公園の有無だったり、大きな道路は近くにないか、街灯の光量など

もし選んだ物件の近くに公園がある場合
不良のたまり場になってないか
コンビニや隣接する建物 窓からコンビニや隣接する建物の光が入ってくる
バルコニー面が幹線道路に面している
排気ガスで洗濯物が干せないなど
国道ではあれば、大型トラックなど四六時中走っているのではないか

お部屋を実際に見学に行かれた時、壁を触ってみる 叩いて高い音はしないか
時間を変えて再見学に行ってみる。

などなどとあります。

引越しをした場合、自分の生活音を防ぐ方法
防音・防振マットを使用する、隣人側に家具を配置するなどあります。
遮音・防音カーテンを利用し、外からも内からも防ぐ方法。

他にもいろいろとありますが、お部屋探しをする際に参考になればと思います。

弊社では再案内等ご要望があれば行っております、是非時間帯をずらしてお部屋を見て頂けたらと思います。
ご案内の際、周辺環境なども一緒に見学できる様にしております。
後悔の無いお部屋探しをお手伝い致します。

弊社ケイ不動産は府中にございますが、他エリアもお任せ下さい。
多摩・稲城・国立・吉祥寺エリアなども得意エリアとなっています。

全ての不安や疑問に出来るだけお答致します。