友だち追加

-住宅ローン その2 借入条件-

f9b81ddd0d34b799e8aec0f33c8f6b36_s


前回の続き

借入条件とはなんぞや
金融機関は住宅ローンに対し、様々な条件を定めています。
お申込み人やマイホーム購入物件の条件や
融資金額、融資期間等の借入に関する条件。


では、いくら借入出来る??

銀行や民間の金融機関では
融資比率・返済率・借入限度期間・個別事情(住宅以外の借入金額、オートローン等)
上記によって借入限度額が決まります。

ほとんどの場合が、融資比率・返済率・借入限度期間の条件にあてはめ
おおよその借入限度額を試算できます。

銀行融資には金利があるんでしょ??

あります。
住宅ローンの金利には
・全期間固定金利型
・固定金利期間選択型
・変動金利型
上記三つがあります。

それぞれメリット・デメリットがありご説明致します。

固定金利
 -メリット-
 借入時に、完済までの返済額が確定できる
 -デメリット-
 金利が高いです。

固定金利期間選択型
 -メリット-
 選んだ期間の金利が確定し、その期間は返済額は一定となります。
 -デメリット-
 借入時に固定金利期間終了後の返済額が確定しない。
 固定する期間が長くなるほど、金利は高くなります。

-変動金利型-
 -メリット-
  返済中に金利水準が下がると、返済額が減少する。他の金利タイプに比べ、金利が低い。
 -デメリット-
  金利水準が上がると、返済額が増加する。借入時に、将来の返済額が確定しない。

弊社であれば、お客様の立場になり、お客様に最適なタイプをご提案致します。
物件選びから鍵のお引渡しまで、全てケイ不動産にお任せ下さい。

ではっ!!!!