友だち追加

-節分-

本日は2月3日節分です。

東京都府中市にある大國魂神社では開運の守神 二月三日 大國魂神社節分祭が行われています。

■節分雑記

冬が去り、春がくる事を「一陽来復」という。その新春を迎える神事が節分祭である。節分とは現代では二月四日頃の立春の前の日をさす。節分は立春、立夏、立秋、立冬をもって四季の節目とし、一年に四回あるが、旧暦では立春は特に一年の始まりにあたった事から、 この節目が重要視され、節分はこの時を指すようになった。

節分は立春の前日のことを指します。
立春は暦の上で春が始まる季節のこと。
つまり、節分は冬の終わりの日で、翌日から新しい季節が始まる区切りの日となるわけです。
占いでは本日から2020年開始となったりします。
2020年の運気に突入するのは、1月1日ではなくて節分や旧正月からです。
という事は、初詣は1月のお正月に行う行事ですが
本来は今年だと1月25日以降となります。
お守りとか。皆さんが持っているお守りあれは節分までしか効力がない。
お守りや御札を買うのは2月4日以降がいいですよ。
節の分かれ目と書いて「節分」でもあります。

この豆まきが行われるようになったのは、室町時代頃と言われています。
当事は豆ではなくお米をまいたとされており
病気などの厄災を追い払っていて、その習慣が現代でも続いています。

では楽しい節分をお過ごしください。