【不動産用語】建築条件って何??【全部教えます。】

不動産業界には多くの『業界用語』があります。
業界用語、不動産用語が非常に多いです。
インターネットで調べれば意味は出てきますが、出てくる物ほとんどが分かりにくいです。

ケイ不動産では多くの売地を販売しております。
そこで良く多く書かれているのが
『建築条件』
建築条件付き土地とは?
ずばり建築条件がついた土地を指します。
『指定の建築会社で建築する』など条件を指定する土地の事です。

建築条件無し

例えばこの販売図面に書いてあります。(現在も販売中物件)立川市栄町1 建築条件無し売地


赤い丸で囲われている所です。

・建築条件無しとは??
建築条件無しの売地というのは
自由に施工業者(ハウスメーカーや工務店)選ぶことが出来る事です。
施工業者を自由に選べるという事は、建築に関する自由度があるという事。

デメリットとしては
選択の幅が広すぎる事です。
嬉しい悩みの一つですが、決定事項が膨大になります。
また、土地と建物がセットになって無い為
上を見れば見る程、予算も高額になります。

建築条件有の場合に比べ、契約の期間が決まっていないので、
納得のいくまでじっくりと住宅について考えられます。

・まとめ

建築条件なしの土地なら、施工業者を自由に選べます。
建築条件ありの土地なら、指定の施工業者が決まっていたりと縛りがあります。

新築戸建てを自分のお好きな拘りがあり
細かに決めていきたい方におすすめできる土地なので、こだわりが強く時間に余裕のある方におすすめです。

満足のいく住宅の建築が出来る事を祈っております。

またケイ不動産ではそういった疑問など全ての事にお答しております。
こんな事聞いて良いの?
このような事でも大丈夫、お気軽にご連絡下さい。