【ちょっと待った!】専任媒介を上手にやる方法【不動産売却】

先日、専任媒介を解除の内容のブログを書きましたが

専任媒介を解除したい方。

お持ちの不動産物件を売却したいと決心し、不動産屋へ行き相談を受け査定をし売却の流れを聞くかと思いますが

売却をするのが初めての方が多いと思います。

不動産営業マンから説明を受けたけど、専門用語が多く良く分からないまま売却をお願いしちゃった

100%とまではいかないけど、大体なんとなく理解しているとか。

ご自分の財産の一つである不動産を、どんな売却方法をされるかは100%理解していた方がいいです。

餅は餅屋で相手はプロだし、お任せって事多いと思いますが

てか多いです。

それはトラブルの元になりますよ。

以前話題になった囲い込み。

他社の業者に案内をさせない、会社目線で利益を上げたいから

買主を自社で探す方法に拘る会社が以前ありました。

弊社に相談くる方は、『え…なにそれ知らなかった。』って事が多いです。

売却をする際に専任媒介・専任専属媒介・一般媒介という形で売却します。

多くが専任媒介です。

後日何が違うのか説明します。

んじゃ、専任を解除すればいいんじゃない?

そこで専任媒介契約書の約款により、解除まで時間がかかってしまう事もあります。

しっかりと媒介を結ぶ時は、約款まで読んでください。

分からない事は恥を捨て、全て聞いてメモに取る。

わたしなら日付と担当の名前をメモし名刺を添えます。

そこで専任媒介を結ぶ際に主導権を握れる魔法の言葉があります。

両手で売る事が多いですか?

レインズ掲載して下さい。

この二つ聞いてください。

あははは・・・と苦笑いする営業マンであれば

すぐ帰りましょう。

広告費は請求されますかとも聞いていいです。

営業マンに対して、しっかりやらないといけないお客さんだと思わせて下さい。

不動産というのは高額で人生をかけた取引とも言っても過言じゃありません。

皆様に良い取引を出来る事をお祈りしています。