【18歳!!?】成人の日【20歳!!】

本日は成人の日ですが、府中市でも府中の森芸術劇場で行われております。

成人式を迎えられました皆さん、おめでとうございます。

また本日をここまで育て上げられました保護者の方にも深い敬意を表します。

日本ではおよそ140年の間、成人年齢は二十歳と規定されてきましたが。

2022年4月1日から日本の成人年齢は18歳に引き下げられることが決まりました。

不動産屋や賃貸オーナーの方にとっては、一番の繁忙期となる春の引越しシーズンがやってきます。

成人の年齢が引下げが行われると、18歳から成人となる。

以前では、不動産業界では未成年と契約を行う場合は、「親権同意書」などを取り交わす必要があり、未成年者は法律的に「制限行為能力者」となり、(契約トラブルを避け未成年者を守る)契約などの法律行為法定代理人の承諾なくしては、有効に行うことができませんでした。

成人年齢の引き下げ18歳が保護者の同意なしにできるという事は。

来年以降の一人暮らしの賃貸借契約について。

18歳成人となったら、賃貸借契約を自分一人で行えるようになります。以前必要だった同意書は不必要になる。制限行為能力者では無くなる。

とは法律上なったとしても、賃貸借契約の賃料の支払いがあります。

保証人や保証会社がやはり必須となってきて、18歳単独での契約はまだまだ難しいんじゃないかな~と思います。

家庭によっては既に自立している・独立しているにも関わらず保護者署名を貰わなければならない事はネックだったと思いますが。

同意書が無くなり、保証会社必須が増え支払いについて保証するのが当たり前なのはこれまでも変わらずになると思います。

成人年齢の引き下げにおける不動産業は、そこまで不の影響を受ける事は無いでしょう。

 

ただ!ただですよ、大人であっても判断を誤る契約がこの世にたくさんあります。

ましてや契約相手が悪徳である場合も、無いとは言えない。

詐欺や強迫の契約は取り消し可能、情報量の差を悪用し不適切な契約があった場合は消費者保護法によって無効や取り消しを主張出来ますので

やはり未成年も新成人も言える事は、正しい知識を得る事。

また騙されてしまった場合に、どういった逃げ道があるかと学校の授業などで教えるのも必要になってくるのかな?

また簡単に相談できる場所をつくるのも大事です。

 

そういえば成人年齢が引下げとなると

今後18歳が新成人となるのであれば、成人式は高校生3年の1月に行うのでしょうか。

受験などの入試と重なり、新成人、両親お互いの負担が増えそうな気もします。

 

さーどうなるんでしょうか。

 

また不動産に係る疑問などございましたらお気軽にケイ不動産までお問合せ下さい。