京王井の頭線
吉祥寺駅
駒場東大前駅
新代田駅
京王動物園線
多摩動物公園駅
京王相模原線
橋本駅
調布駅
京王多摩川駅
若葉台駅
京王永山駅
京王多摩センター駅
多摩境駅
京王競馬場線
府中競馬正門前駅
京王線
分倍河原駅
桜上水駅
上北沢駅
八幡山駅
芦花公園駅
千歳烏山駅
仙川駅
つつじヶ丘駅
国領駅
布田駅
調布駅
西調布駅
飛田給駅
武蔵野台駅
多磨霊園駅
東府中駅
府中駅
中河原駅
聖蹟桜ヶ丘駅
多摩都市モノレール
大塚・帝京大学駅
多摩動物公園駅
甲州街道駅
泉体育館駅
小田急多摩線
栗平駅
小田急永山駅
小田急多摩センター駅
小田急小田原線
世田谷代田駅
豪徳寺駅
経堂駅
千歳船橋駅
祖師ヶ谷大蔵駅
成城学園前駅
喜多見駅
狛江駅
和泉多摩川駅
読売ランド前駅
玉川学園前駅
東急世田谷線
三軒茶屋駅
上町駅
宮の坂駅
松原駅
東急大井町線
尾山台駅
等々力駅
上野毛駅
二子玉川駅
東急東横線
学芸大学駅
東急田園都市線
二子玉川駅
池尻大橋駅
三軒茶屋駅
駒沢大学駅
桜新町駅
用賀駅
西武国分寺線
国分寺駅
西武多摩川線
新小金井駅
多磨駅
白糸台駅
競艇場前駅
是政駅
西武拝島線
小川駅
JR中央本線
三鷹駅
武蔵小金井駅
国分寺駅
JR中央線
立川駅
吉祥寺駅
武蔵小金井駅
国分寺駅
日野駅
JR南武線
矢野口駅
南多摩駅
府中本町駅
分倍河原駅
谷保駅
矢川駅
西府駅
JR横浜線
横浜駅
JR武蔵野線
府中本町駅
北府中駅
新小平駅
JR青梅線
羽村駅
友だち追加

2024年 きのえたつ あまり知られていない干支と十二支の違い

みなさま新年があけ、落ち着いてきたところではないでしょうか。

今年の干支は辰年ですが、本来の干支でいうと甲辰(きのえ・たつ)。辰年以外にも意味があるのはご存知でしょうか。

干支は「十干」と「十二支」の組み合わせ

「十二支」はご存知の通り12種類の動物になぞらえたもので、年の他にも時刻や方角を表すことがあります。

干支とは本来「十干十二支(じっかんじゅうにし)」を略した呼び名で、「十干(じっかん)」と十二支を組み合わせたものです。

干支とは、十干(じっかん)は、の10の要素からなる集合。干支を書くとき干を支の前に書くことから天干(てんかん)とも言う。

不動産屋にはとても身近な文字でもあります。

契約書などで、株式会社●●●●(以下、「甲」という。)および◯◯◯◯株式会社(以下、「乙」という。)は、△△△△△△の取扱いに関して、次のとおり契約(以下、「本契約」という。)を締結する。

などと言った文言は必ず出てきます。

ちなみに明治時代では、小学生の通信簿や通知表に利用されていました。

それに焼酎にも甲類・乙類などもあります。

話を戻して・・・

古代中国で考えられ、日本に伝えられた。十二支と合わせて干支(かんし、えと)といい、暦の表示などに用いられる。五行に当てはめて、2つずつを木(もく、き)・火(か、ひ)・土(と、つち)・金(こん、か)・水(すい、みず)にそれぞれ当て、さらに陰陽を割り当てています。

2024年は十二支でいうと「辰(たつ)」年、十干では「甲(きのえ)」の年となり干支は「甲辰(きのえ・たつ)」となるのです。

 

今年はどんな年になる??

陰陽五行説によると「甲」は草木の成長を表す意味があり、植物が成長するようにどんどん勢いを増して増えていくという意味があります。 そのため2024年辰年は、昨年まで努力してきたことが実を結んで成就する年になるでしょう。 また、辰年にさらなる努力をすることで、成功にスピード感を持って近づける年となります。

辰年は辰年は政治の大きな変化が起きることが多いといわれています。 戊戦争(1868)、日露戦争(1904)が辰年に起きています。

東京スカイツリー開業(2012年)

2000円札発行(2000年)

青函トンネル・瀬戸大橋開業(1988年)

東京五輪・東海道新幹線開業(1964年)

国家プロジェクトが始まることが多いのも辰年の特徴。
今年はみなさんにとって良い年になりますように。