友だち追加

【確定】土地を売りたいけど隣地との境界が分からない!【測量図】

【査定】お家がいくらで売却できるか知りたい時に準備する事【売却】

【実測売買】土地を売却する際に知っておくと良い事【公簿売買】

土地を売却しようと決めて『準備する事』『知っておくと良い事』を知ったは良いが・・・

お隣さんとの土地の境界の杭が見当たらないけど、どうしよう。

確定測量図』があれば一目瞭然です。

測量図とは、土地を測量した図面で主に三つあります。

地積測量図

現況測量図

確定測量図

上記の三つ。

確定測量図とは、測量図の中での一番信用度の高いもの。

測量図の中の王様と思って下さい。

自分の土地に面している所有者との立ち合いをする。

Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんとの立ち合いです。

そして境界を確定します。

自分の土地の『正式な面積』をはかることが出来ます。

確定測量図があると

・土地の正式な面積が分かる

・立ち合いをした上での境界確定ができている

・道路との境界も済み

・円滑に実測売買を行える

・私道などの持ち分の境界の確認もスムーズ

そして私達不動産業者が案内しやすいです。

買主様となる方への案内が円滑に進み、確定測量図が有ると無いで比べると

あったほうがスムーズに契約まで進みやすいです。

案内の際、買主からの質問があった場合に

『確定測量しているので、土地の大きさ、境界もこの通り説明致します。』と根拠ある測量図で説明する為、納得してもらい易い。

この確定測量図を作成するには土地家屋調査士へ依頼となります。

弊社でご紹介も出来ますので予算などの相談もお気軽にお聞きください。

売却する際、分からない事への疑問、円滑に売却したい、全て何が行われているか知りたいなど

全てお伝えします。