友だち追加

【被相続人】相続の基本的な流れ【相続人】

被相続人が死亡すると、

(被相続人とは:被相続人とは「相続される人」です。 つまり「亡くなった人」が被相続人となります。 法律上や税務上の相続手続きの中では「故人」といわずに「被相続人」といいます。)

死亡届の提出、葬儀の手配からはじまります。

相続財産の分割を行う遺産分割手続き、

預貯金の相続にあたっての預貯金引き出しの手続き

不動産についての移転登記手続きなど、専門的な知識が必要な手続きが多くあります。

「相続」という言葉は聞いたこともあるし、少しだけ知ってるけど、

面倒なイメージがある・・・

実際は良く分からないと思います。

あらかじめ流れを知っておくことは大切です。

遺産相続手続きの全体の流れ。

遺産相続が行われるに当たって、人が亡くなった時にどのような処理が必要となるか

簡単に説明致します。

 

1 死亡を知ったときから『七日間』 →  死亡届の提出

2 当日から2日以内が一般的    →  親族などへの連絡・葬儀の準備

3 死亡日から起算                 →  国民年金は14日以内 厚生年金は10日以内

年金受給権者死亡届

※被相続人の年金受給停止手続き

4 年金受給権者

年金の支払日の翌月の初日から

5年以内               →  未支給年金請求の届出

5 死亡日から14日以内       →  世帯主の変更届

6 速やかに行いたい事       →  遺言書の有無

遺言書の検認手続き

(自筆証書遺言、秘密証書遺言など)

法定相続人の確定

相続財産の調査

遺産分割協議着手

7 自分の為に相続があったことを

知った時点から3ヶ月以内       →  限定承認の申述 相続放棄の申述

8 死亡日の翌日から4ヶ月以内    →   被相続人の所得税の準確定申告

9  死亡日の翌日から10ヶ月以内       →  相続税の申告

10 速やかに             →  遺産分割協議書作成

11 相続の開始および遺留分を侵害する贈与または

遺贈があったことを知ったときから1年以内

相続開始から10年以内          →     遺留分侵害額請求

12 適宜                                  →     相続登記

13法定申告期限から5年以内(死亡から5年10ヶ月以内)→ 相続税の申告

14相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内 → 準確定申告の還付請求

15支給事由が生じた日(被相続人の死亡)の翌日から5年以内 → 遺族年金等の請求

16死亡日の翌日から2年以内 → 国民年金の死亡一時金の請求

17還付の対象となる支払い月から2年間以内  → 高額療養費(医療費)の還付請求

 

上記が遺産相続の一般的な流れです。

次回は不動産相続の基本的な流れとは?になります。