友だち追加

七夕7/7🎋

本日は七夕です🎋

笹の葉の短冊にお願い事を書いて楽しむ祭日の一つです。
皆様はどんなお願い事を願いましたか?

さてさて
七夕ってそもそも何なんでしょうか。
広辞苑で調べてみると
『五節句の一つ。天の川の両脇にある牽牛星と織女星とが年に一度相会するという、
七月七日の 夜、星を祭る年中行事。
中国由来の乞巧奠(きこうでん)の風習と日本の神を待つ「たなばたつ め」の信仰とが習合したものであろう。
奈良時代から行われ、江戸時代には民間にも広がった。
 庭前に供物をし、葉竹を立て、五色の短冊に歌や字を書いて飾りつけ、書道や裁縫の上達を祈る。 七夕祭。銀河祭。星祭
中国の文化と日本の文化が融合したもの。
たなばたつめ?棚機津女と書く様です。
調べてみると色々な文献が出てきます。


棚機津女として選ばれた女性は7月6日に水辺の機屋(はたや)に入り、
機を織りながら神の訪れを待ちながら、神が着る衣の作成。
文献だけを読むと、何とも奥床しい女性というイメージです。
7月7日の夕刻までに織物を仕上げ、神は町や村に豊穣をもたらし厄災を持ち去るといわれ、
そこで祭祀が行われるようになった。

七夕の言い伝えとし、読み進んで行くと
織物が上手なお姫様が『織姫』と働き者の牛飼いである『ひこ星』
神様の引き合わせて結婚し、楽し過ぎて仕事を蔑ろにし遊んでばかり。
それに怒った神様はそれぞれ二人を天の川の両端に引き離した。
悲しさのあまり元気を無くした二人を見かねた神様は7月7日に一度だけ会えるとした。
ん~~~。
若い二人が恋に溺れ周りが見えなくなる事もそりゃ~ありますでしょう。
でもイメージとして若い二人ですが
これが若くない二人だったらとんでもないですね。

多くの人たちが織姫様のように機織りや字が綺麗になりますようにと
笹や竹に五つの色の短冊を飾るようになった事から
七夕の飾りや短冊の由来となったようです。
短冊の色にも意味があります。
中国の陰陽五行説に由来し
「青=礼」「赤=仁」「白=義」「黄=智」「紫=信」を表している。
竹に飾るのは丈夫で不思議な力を持つとされることからだそうです。

皆様良い七夕をお過ごしください。

ケイ不動産では駐車場を借りたいという人からお家を買いたい、売りたいという事から
不動産に関わる事であれば、全て無料でご相談をお受けしております。
お気軽にお問合せ下さい