【12月10日】府中三億円事件【闇が深い未解決事件】

府中と12月10日は切っても切れない関係。

それはいったい何かというと。

三億円事件。

東京都府中市で1968年12月10日に発生した窃盗事件。通称「三億円強奪事件」。

1975年(昭和50年)12月10日に公訴時効が成立し未解決事件となりました。

この事件は日本犯罪史最も有名な事件であり、完全犯罪として多くのメディアで映画化されたり、本にもなったりとしています。

わたくしも府中で仕事している以上、事件現場などの道路を利用しますし

なじみ深い事件でもあります。

事件概要としては

日本信託銀行国分寺支店(現存せず)から東京芝浦電気(現・東芝)府中工場へ、工場従業員のボーナス約3億円(2億9430万7500円)の現金が入ったジュラルミンのトランク3個を輸送中の現金輸送車(セドリック)が、府中刑務所裏の府中市栄町、学園通りと通称される通り

そこに白バイ隊員に変装した白バイに乗った犯人が現金輸送車の前に停車した。

輸送車に爆発物が仕掛けられている 調べさせてくれ。

現金輸送車の下に隠し持っていた発煙筒に点火し、銀行員を避難させた後に輸送車を運転しその場を去ったという事件。

3億円の強奪事件発生からおよそ20分後、警視庁は東京都内全域に緊急配備指令を出し、約1万人の警察官を投入して検問を行った。当初は、現金を輸送していた黒のセドリックが捜索対象だったが、1時間後に「全車両検問」に切り替えられた。しかし、犯人は強奪現場から約1.5キロ離れた国分寺市の旧国分寺史跡の敷地内で現金輸送車を乗り捨て、別の車に現金を載せ替えて逃走していた。

犯人説は色々と憶測をよび、今では一つの”謎解きミステリー”の娯楽の一つになっている。

これだけの犯行の中で、誰一人ケガもせずに計略だけで成功している事件。

盗まれた翌日には無事に従業員にボーナスは支払われた。

盗まれた3億円は日本の保険会社が支払い、保険金によって補填された。その保険会社もまた再保険をかけており、国外の保険会社によるシンジケートに出再していたことから補填され

日本国内で金銭的損失を被った者がいなかった謎の深い事件でもあった。

 

東京都府中市とはわたくしにとって身近な場所であり、故郷でもある場所です。

あの”有名な3億円事件”の舞台である府中の事ならケイ不動産になんでも聞いてください。

 

不動産の謎はすべてわたくしが解決します。